読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深海通信 はてなブログ版

三門優祐のつれづれ翻訳ミステリ。主に新刊の話をしています。そういえば、「アントニイ・バークリー書評集製作委員会」公式ホームページ。

ジョー・ネスボ『悪魔の星』

読書会の課題書を読みつつ、カーター・ディクスン『かくして殺人へ』(再読)や、ダフネ・デュ・モーリア『人形』を読んだのですが、いまいちピンとこなかったので、レビューを書くのは後回しになっています。

さて、たまには数日前に出たばかりの本をほやほやのうちにレビューしたいと思います。ジョー・ネスボ『悪魔の星』は、ハリー・ホーレ警部シリーズの第5作にして、作中シリーズ「オスロ三部作」(コマドリの賭け』『ネメシス 復讐の女神』、本作)の完結編に当たる作品です。

悪魔の星 上 (集英社文庫 ネ 1-8)

悪魔の星 上 (集英社文庫 ネ 1-8)

 
悪魔の星 下 (集英社文庫 ネ 1-9)

悪魔の星 下 (集英社文庫 ネ 1-9)

 

 

本シリーズの主人公であるハリー・ホーレは、他の刑事たちを遥かに凌駕する現場捜査の経験値、優れた記憶力、そしてそれらを有機的に結び付ける論理的思考力と、様々な資質を備えたスーパー刑事です。しかし、酒のトラブルを起こしては懲戒免職寸前まで追い詰められたこともしばしば……という負の経歴も持っています。

今回彼を酒へと追いやるのは、3年前の事件で起こった同僚の刑事の死の真相をどうしても証明することができない、というジレンマです(詳細は『コマドリの賭け』(ランダムハウス講談社文庫)を参照のこと)。ネスボは何とも大胆なことに、「被害者の視点」から「何がなぜ起こったか」を既に読者に見せてくれているのですが、これにより「真実を知りたい、無念を晴らしたい」というハリーの苦しみが、さらに深い立場から理解できるようになっている、と言うのは構成の妙ですね。

前作『ネメシス 復讐の女神』で、「物語の裏側に潜む真の悪」の正体と事件の真相を知るも上司に跳ね付けられたハリーが酒に迷い、ついに警察からの退職を覚悟し、それでもなお立ち上がって繰り広げる駆け引きと同時に描かれるのが、一人暮らしの女性を狙った、と思われる猟奇殺人事件の犯人を追う捜査です。オスロ市史上でも珍しいこの種の殺人事件の真相を追う猟犬となったハリーは、同僚や部下とともに犯人のメッセージを読み解いていきます。果たして犯人の目的とは、そして意味深なタイトル「悪魔の星」とは一体何を意味するのか。

短く章を区切り、速いテンポで物語を進めつつも、随所に意外な展開をどんどん盛り込んでいく本作は、北欧ミステリ界の現役作家でも随一とされるネスボのストリーテリングの才が存分に発揮された、凝りに凝ったプロットが楽しむことが出来ます。ハリー・ホーレの「あまりにも察しが良すぎる」天分ゆえに、やや展開を急いだかに見える箇所もありますが、正直気にするほどではありません。エンターテインメントとしては十分に及第点を取れる、「巻措くあたわざる」秀作です。

唯一残念なのは、「オスロ三部作」の出発点である『コマドリの賭け』が、版元廃業により入手困難(amazonマーケットプレイスなどで高額で取引されています)であるという点に尽きます。基本的な点は『ネメシス』『悪魔の星』を読めば十分に理解できますが、「真の悪」の堂に入った悪党ぶりを存分に楽しみたい向きにはぜひ読んでいただきたいところです。同版元の刊行物としては、ルースルンド&ヘルストレム『制裁』が早川書房より復刊される運びになっていますが、ぜひこの流れで『コマドリの賭け』も復刊されてほしい(できれば集英社文庫で)ですがいかがなものか(三門優祐)。

 

評価:★★★★☆ 

 

コマドリの賭け 上 (ランダムハウス講談社文庫)

コマドリの賭け 上 (ランダムハウス講談社文庫)

 
ネメシス (上) 復讐の女神 (集英社文庫)

ネメシス (上) 復讐の女神 (集英社文庫)

 
コマドリの賭け 下 (ランダムハウス講談社文庫)

コマドリの賭け 下 (ランダムハウス講談社文庫)

 
ネメシス (下) 復讐の女神 (集英社文庫)

ネメシス (下) 復讐の女神 (集英社文庫)

 

 

ロバート・ゴダード『謀略の都』

新刊レビュー 翻訳ミステリ

ロバート・ゴダード『謀略の都』(2013)を読みました。

  

謀略の都(上) 1919年三部作 1 (講談社文庫)

謀略の都(上) 1919年三部作 1 (講談社文庫)

 
謀略の都(下) 1919年三部作 1 (講談社文庫)

謀略の都(下) 1919年三部作 1 (講談社文庫)

 

 

告白すると、私はゴダードのよき読者ではありません。初期の作品は何作か読みましたが、近年の作品については、たまたま図書館に寄った時に見かければ「数合わせ」という不純きわまる動機で読む(新刊書店で買うことはない)程度。ファンの人には申し訳ない。

ゴダードの最大の強みは「語り口」にある、と思っています。読者を「隠された真実を探究する旅」に巧みに引きずり込む話術は間違いなく一級品です。ただ、そこに力点が置かれているために、「重要なのは読者を引きずり回すことで、真相の意外性にはそれほど注力していない」のか?と私などは思い込んでいます。(※1)

 

閑話休題。この『謀略の都』は、第一次世界大戦終戦直後である1919年4月のパリを舞台に、外交官だった父親が「屋根から墜落」という不可解な状況で死んだことに不審を覚えて調査を始めたことから陰謀劇へと巻き込まれていく青年、ジェイムズ・マクステッド(通称マックス)の冒険を描くスリラー小説三部作の第一部です。

父親がその住居に足繁く通っていたという未亡人、秘密警察の非協力的な上級捜査官、一癖も二癖もある世界各国の外交官たち、怪しげな米国人情報提供業者、ロシアからの亡命者をまとめる組織のボスとその姪、そしてドイツ帝国の伝説のスパイマスター……マックスは父の残したわずかな情報を手掛かりに彼らの話を聞いて回り、父の秘密に少しずつ接近していきます。果たして真実は一体?

これで約750ページの小説を持たせるのだから、ゴダードの語りは極まっています。「信頼できると思った人物があっさり裏切り、怪しげな人物が一番信頼できる、こともある」ゴダードの常道プロットをフル回転させ、渋る口を時に巧みに時に無理やり開かせ、そし明らかになった真相は……え?こんなもんか?というほどあっさりしたもの。むしろその後のあっけらかんと進む第二部の方向性の方がよほど意外でした。「ル・カレばりの謀略スパイスリラー」と言うよりは、むしろ古き良き「外套と短剣」を連想させられました。

 

この三部作の翻訳はなんと今年中に完結するんだそうですが、おそらく第二部、第三部でさらに衝撃の真実(マックスの出生の秘密?)が明らかになっていくんじゃないかな?かな? 今年はあと1500ページ(推定)、ゴダードとお付き合いするのかと思うと、オラわくわくしてきたぞ?(※2)

 

※1:作品のスケールの大きさと主人公の物語の卑小さが見事に噛み合った初期作『蒼穹のかなたへ』(1990)は、個人的オールタイムベストに入る作品なんですけどね。

※2:つまり、講談社文庫から出る翻訳ものの枠が二つ減るってことDEATHよね!!!! 辛い!!!!

 

評価:(将来の期待を込めて)★★★☆☆

西澤保彦『悪魔を憐れむ』

新刊レビュー 国内小説

ここもと文章を書く能力が絶滅しているのですが、せめてブログの読書感想文くらいは復調せねば、と150日ぶりくらいに更新します。

 

---

西澤保彦『悪魔を憐れむ』(2016)は、タック&タカチシリーズの第10作目。シリーズ第1作の『解体諸因』が1997年の発表なので、おおまか20年に渡って書き継がれてきたシリーズとなります。 

悪魔を憐れむ

悪魔を憐れむ

 

 

本書は以下の四つの短編(二つの中編と二つの短編と呼ぶ方が分量的には似つかわしいか)を収録しています。いずれも、実に「作者らしさ」を十二分に備えた作品で、ぶれずに気持ち悪い作風には敬服を覚えるほかありません。

 

この中でも突出して気持ち悪い、それゆえ忘れ難い印象を残すのが巻頭の「無間呪縛」です。

この作品で主人公のタック(匠千暁)は、知り合いの刑事の邸宅の離れで、十三年間に渡って起こり続けてきた心霊現象、そしてそれに伴う怪死事件の謎を解明するよう求められます。とはいえ、現象を引き起こしていた原因そのものは、子供騙しと言ってもいいような機械トリックの組み合わせでしかありません。本編の眼目は「なぜ心霊現象は「続いた」のか」という動機、そしてそこから導き出される「誰がこんなことをしなければならなかったのか」という問題です。その過程で、作者は「一見まったく関係なく見える、実際関係ない事件」と、この心霊現象事件の動機をシンクロさせていきます。今回は「心霊現象が起こるまでの場繋ぎの座談として提示されたネタが実は……」というもの。心霊現象への犯人の執着以上にありえない、あまりにも強烈なご都合展開ですが、西澤ファンとしてはこの程度で驚いてはいけません。二つの事件を力業で結ぶ西澤の執念と、それに反比例するかのように現実性を失っていく犯人の動機。家父長制と母性の執着/依存、男女の絶望的なディスコミュニケーション、と西澤節をギンギンに利かせた力作なので、ファンは必読かと思われます(ファン以外は読んでも呆れるだけでしょう)。

表題作「悪魔を憐れむ」は、状況説明だらけの退屈な前半から、「指一本触れずに人を殺すにはどうしたらいいのか」というネタで悪魔的な天才犯人が喋り倒す後半まで、一貫してつまらないという、ある意味衝撃の中編です。

「意匠の切断」は、三人の被害者のうち、なぜか二人分だけ首と手首を切って展示するという犯人の謎の行動を、タック・タカチ・モブ刑事(酷い扱い)が酒を飲みながら分析する話ですが、そこに「数か月前に起こったバラバラ殺人」を持ちこむのが無理筋すぎる(作中、タカチの謎解きを聞くタック自身も不思議そうにしています)。「なぜバラバラ殺人という行動に至ったか」という道筋を説明するために引かれた補助線ですが、有効な補助線になっていないのが残念。

「死は天秤にかけられて」は、「なぜタックは七か月前に起こった自分には一切関係ないことをここまで詳細に覚えているのか」という言わずもがなの疑問に苛まれること疑いなしの迷作(書き下ろしにあたって過去作品の時系列の辻褄を合わせるために泣く泣くやった西澤先生が目に見えるよう)。「一晩のうちに(しかも1月2日に)、同じホテルで時間をずらして四人の主婦と同衾する絶倫男」というボアン先輩ならではのトンチンカンな妄想が間抜けさを通り越して笑えるコントですね。ミステリとしてはダメダメですが。

以上四編。ウサコの電撃結婚の意味不明さ(「ここで結婚させたらネタになるやん!」と思いついてしまったんでしょうね)がある意味一番面白いという、グダグダ感がある意味シリーズらしさを象徴する作品集でした。広くはオススメしません。

 

評価:★★☆☆☆

翻訳ミステリ新刊レビュー0914

翻訳ミステリ 新刊レビュー

シン・本格的にシン・刊極道をシン・行しないといけないのですが、いまひとつです。なお、ゴジラは観に行ってないです。

などと言いつつ、わりかし新刊と呼べそうな本を読めたので、感想を書き留めておきます。

 

○レオ・ブルース『ハイキャッスル屋敷の死』(扶桑社ミステリー)  

ハイキャッスル屋敷の死 (海外文庫)

ハイキャッスル屋敷の死 (海外文庫)

 

真田啓介氏の解説で『アントニイ・バークリー書評集』を紹介していただきました。

 

というのは笑える余談ですが、本書、レオ・ブルースの作品としてはなかなかのクセ球です。翻訳のある作品はすべて読んでいる私も、こういう切り口で来るとは予想もしませんでした。舌鋒鈍くいまひとつ要領を得ませんが……ネタばれご法度の作品ゆえ……お許しください。

困るのは未読者の方であり、こんなところに来てしまった時点で、ある程度は覚悟のある読者かとお見受けしますので、ネタばれ二歩手前くらいまで踏み込みます。本書は「脅迫」をテーマにした作品です。「良く分からないが殺意ビンビンの脅迫状を貰った」というシチュエーションに対して、消去を繰り返した後に到達する『最も意外な犯人は誰か』というのは、馬鹿馬鹿しいほど単純な謎です。解けなかった者は痴愚の名は免れぬところでしょう。ただし、それは本書においてはさほど重要ではないのです。

では最も重要な謎とは何か? それはある人物の取り続けるいかにも手緩い態度です。なぜだ?なぜ彼はそう振る舞うのだ? それが明かされる時、読者は醜い真実に直面し、あるいは彼を軽蔑するかもしれません。

ある意味において1957年の作者しか書けない、最も異色にしてさりとて直球のブルース作品です。真芯で打て。そしてお粗末なバットを折られろ。

 

○リー・チャイルド『61時間』講談社文庫) 

61時間(上) (講談社文庫)

61時間(上) (講談社文庫)

 
61時間(下) (講談社文庫)

61時間(下) (講談社文庫)

 

 残り61時間で、物語は終結する。

 

リー・チャイルドはさして器用とも言えぬ、愚直な作家です。降りかかる火の粉を払っては辺り一面を大火事にするジャック・リーチャーに惚れ込み過ぎているようにすら見えるこの作家が、本気でリーチャーを「カッコよく」描いたのが本作です。

雪に閉ざされたサウスダコタ、連邦刑務所の経営に警察が首根っこを握られた街。メタンフェタミンの密売を告発せんとする女性と彼女を抹殺せんと襲い来る殺し屋たち。それにしても裏を掻かれすぎるという事実から浮かび上がる裏切り者の気配。果たして、真犯人はアイツか?コイツか?あるいは……というジェフリー・ディーヴァーなら数十倍の分量でこっちゃんこっちゃんしそうなツイストを、まったく顧みず数行で、しかもその解決をも数行で済ませるジャック・リーチャーさん、最高。パワーこそ正義。

語りの中でみるみる減っていくタイムリミット。読者は「この勢いで時間減っていくのに話は全部収まるのか?」という正直お門違いな心配をこじらせることになるが、そこは一切問題なし。いざとなったら拳で倒す。

死ぬほど単純なエンタメです。難しいことを考えたくない今のあなたにオススメ。

 

ヘレン・マクロイ『ささやく真実』創元推理文庫) 

ささやく真実 (創元推理文庫)

ささやく真実 (創元推理文庫)

 

 それが人の口から出た言葉である限り、嘘と真実になんの違いがあるだろう。

 

マクロイは……ここもとなんでか流行っていますね。今年だけでも『二人のウィリング』(ちくま文庫)に続いて二冊目。『あなたは誰?』(ちくま文庫)や創元推理文庫の諸作品などなど、ほとんど全作品が現役で読めるというのはすごい。

ことに初期のマクロイから感じるのは(精神分析医を主人公においているからという訳ではありませんが)「ページを埋め尽くさなければ・白紙を失くさなければ」という強迫観念さえ感じる「描写」への傾斜です。それは必ずしも精神分析の用語に限らず、芸術しかり科学しかり、あるいは風景描写心理描写、果てはなんでもかんでもみっしりとページに詰め込んで、余白を許さぬ美意識に貫かれたものかもしれません。その膨大なマッスの中にこそ伏線をしっかり置いておく真摯なる姿勢は愛されるのも納得のもの。

されど本作では、それら伏線からの誤導を外しての開陳、ならびにそれらの接続による論理の構築、しかる後の消去法と繋げていく「ロジックの連鎖」がややギコチナイ。しかもそれを最終章残り7ページほどで一息にやってのけようという急ぎ足がモッタイナイ。また、消去法推理の最もやってはいけない締め方を実践しないでほしい、と祈りましたが力が足りず果たせませんでした。残念無念です。

 

次はフィリップ・カー『死者は語らずとも』を読む予定。絶対本年ナンバー10には入るものと確信しています。 

死者は語らずとも (PHP文芸文庫)

死者は語らずとも (PHP文芸文庫)

 

 

実はこのミステリーも結構すごい20XX 第0回

翻訳ミステリ

私が「このミステリーがすごい!!」や「本格ミステリベスト10」に個人投票権を得たのは大学時代の話だが、そう考えると新刊を読んでは読む生活を、気がつけば十年ほど過ごしてしまったことになる。

別に数読めば偉いわけでもなし、ちょっと話題に上がった新刊を10、20殺も読めば十分対応できる(実際「読めませんでした~」とかなどとコメントを寄せ、3冊くらい署名を書いて、終わり!という投票者もたまにいる)ところを50、60、時には100と読み漁ってしまったこの10年、いったい何だったんだ、という気持ちにならないでもない。

選りだした6冊がランキング上位に上がればお祭りに貢献しているように見えて良しなのだが、個人的な趣味の歪み具合から票を乱発することに定評のある私は、大抵外す。その外れたのをむしろ珍重してくださる方もいるようだが、だったらもっとコメントを書きたかった……と切に思い続けて10年である。長い。

 

今回、十年分の供養企画というか、このミス投票当時には読まなかったが後で読んだ本も含めて、ランキング外でこういう面白い本が色々あったよね、ということをちょろっと書きたくなったので、またもや終わりそうもない企画をとりあえず立ち上げてみた。

今回は、暫定版の作品リストのみ提示しておく。なお、「2006年以降刊で」「自分が面白いと思った」「でもこのミステリーがすごい!!で10位以内に入らなかった」本30冊が中心となる予定です。

 

ポール・リヴァイン『マイアミ弁護士 ソロモン&ロード』

セオドア・ロスコー『死の相続』

P・Gウッドハウス『ウースター家の掟』

カーリン・アルヴテーゲン『裏切り』

スティーヴン・ブース『死と踊る乙女』

レジナルド・ヒル『異人館

ジャン=クロード・イゾ『失われた夜の夜』

ジェフリー・フォード『ガラスのなかの少女』

クレイグ・クレヴェンジャー『曲芸師のハンドブック』

オレン・スタインハウアー『極限捜査』

ドウェイン・スウィアジンスキー『メアリー-ケイト』

ジョセフ・ウォンボー『ハリウッド警察特務隊』

エリック・ガルシア『レポメン』

ジェイソン・グッドウィンイスタンブールの毒蛇』

ウィリアム・K・クルーガー『二度死んだ少女』

ジョー・ネスボコマドリの賭け』

ロノ・ウェイウェイオール『人狩りは終わらない』

チェルシー・ケイン『ビューティ・キラー3 悪心』

フィリップ・カー『変わらざるもの』

ロバート・クレイス『天使の護衛』

ルイーズ・ペニー『スリー・パインズ村の無慈悲な春』

ニック・ストーン『ミスター・クラリネット

ボストン・テラン『暴力の教義』

マシュー・ディックス『泥棒は几帳面であるべし』

フォルカー・クッチャー『死者の声なき声』

クレイグ・デイヴィッドスン『君と歩く世界』

トム・ラックマン『最後の紙面』

ミック・ヘロン『窓際のスパイ』

リサ・バランタイン『その罪のゆくえ』

ポーラ・ホーキンス『ガール・オン・ザ・トレイン』

 

「コレなんでランキング入らなかったんだっけ」といぶかしまずにはいられない作品から「こんなん未だに好きなのはお前だけだ!」な極度偏愛本まで色々取り揃えてお送りしようかと。よろしく。