深海通信 はてなブログ版

三門優祐のつれづれ社畜読書日記(悪化)

「私訳:クリスチアナ・ブランド短編集」について①

 先にも書きましたが、5/6(日)の第二十六回文学フリマ東京にて、「私訳:クリスチアナ・ブランド短編集」を頒布します。スペース位置は2階のカ-57。サークル名は「クラシックミステリゲリラ翻訳部」です。今後はこのサークル名で活動しますのでよろしく。

 さて、「私訳:クリスチアナ・ブランド短編集」とはどういうことか。皆さんご存知の通り日本ではクリスチアナ・ブランドの短編集は二冊刊行されています。具体的には『招かれざる客たちのビュッフェ』(1990、創元推理文庫)と『ぶち猫』(2007、論創海外ミステリ)です。この2冊でクリスチアナ・ブランドの(出来のいい)短編は相当カバーできるのですが、実は雑誌に掲載されたまま未収録になっている作品が17編あります。また、ブランドは未訳の短編もいくつかあり、明確にミステリ/犯罪小説のジャンルに入る作品にも少なくとも4編未訳が残されていると言います。

 しかし、今回翻訳したのはこのいずれにも属さない、まったく新発見の短編2編です。当然ですが(威張ることでもないですが)自分で発見した訳ではありません。

 1958年にブランドがイギリスの地方新聞 The Daily Sketch に寄稿したまま2017年まで忘れられていたこれらの二作品を発掘したのが、ジョン・ピュグマイアー氏(John Pugmire)。氏はそのうち一作(Bank Holiday Murder)を本国版EQMM誌(2017年9月/10月号)に発表、もう一作(Cyanide in the Sun)をブライアン・スクーピン氏と共編した不可能犯罪アンソロジー The Realm of the Impossible ※1 に発表しました。ピュグマイアー氏のブログによると、これら二編を含むブランドの短編集を現在企画しているとのこと。詳細は以下のブログ記事をご確認ください。

Two Christianna Brand short stories – Locked Room International

 

 はっきり言って、今回の私の本はこのピュグマイアー氏の発見を丸パクリしたようなものですし、著作権関連も黒寄りの黒(1970年以前の作品ですが、2017年に書籍・雑誌に再録されたことで版が改まっています)なので本来表には出せない物……なのですが、でも読んだら面白かったんでね。そのうち「ミステリマガジン」か「ミステリーズ!」かでプロの翻訳家の訳が出るとは思いますが、が、その前に、どうしてもお試ししたいという方向けに頒布させていただきます。ただし訳の質については問うなかれw

 明日から本文の紹介もさせていただきますので、こちらもご確認いただいて、どうしても欲しいという人は文フリに来てください。上記の理由で委託はなしの予定です。

 

※1 なお、同書にはリンタロー・ノリヅキの「緑の扉は危険」とソージ・シマダの「Pの密室」が収録されています。

 

招かれざる客たちのビュッフェ (創元推理文庫)

招かれざる客たちのビュッフェ (創元推理文庫)